Contents

CONCEPT

Do-Maのコンセプトを紹介したページです

Plan&Cost

Do-Maの間取りプラン例や価格例を紹介しています

Works

Do-Maの施工事例を紹介しています

Staff

家づくりが好きなDo-MaのStaffを紹介します

Model House

OKAZAKI

Do-Ma岡崎モデルハウス 岡崎市上里2丁目

NISSHIN

Do-Ma日進モデルハウス 日進市竹の山2丁目

Contact

資料請求

Do-Maの詳細カタログがほしい方はコチラ

お問い合わせ

メールや電話で聞きたいことがある方はコチラ

Do-Maのコンセプト|デザイン住宅岡崎

Do-Maの考え方

空から取り入れる光で、
敷地に惑わされず自由にレイアウト

Do-Maは敷地境界線ギリギリまで家の中と外とを連続して感じ、または使用できるように考えています。

敷地の形状によってレイアウトを検討し、隣地に影響なく、プライベートを保てる場所にLDを持ってくることによって、とても開放的かつ隣地境界線までがLDとひと続きに感じる空間となるのです。

また、LDの両側の開口が太陽の日差しとの関係を持たせないよう(明かりを取るための開口としないよう)LD上部は吹抜けとし、上部には天窓を設けており、木の梁からは柔らかな明かりが差し込みます。

そうすることで、敷地にレイアウトする際、方位に惑わされずに自由にLDを配置でき、明かりも十分に確保可能となります。

LDでくつろいでいる時にちゃんと 2 階の気配を感じたり、また逆に、2階から1階の気配を感じたりと家族の気配をどこにいても感じる家となっています。

ベクトルスマートオブジェクト (2)
日進モデルハウス|リビング
アートワーク 2
Do-Ma日進モデルハウス写真06
Do-Maのポイント (2)家族と共に家も成長させる

境界までの空間を有効に

 狭小地や変形地など、どんな土地にも境界線があります。Do-Maでは、ただいっぱいに家を建てるのではなく、境界ギリギリまで家の中に取り込む設計を実現しています。

Do-Maのポイント (3)敷地にとらわれない家づくり

家族と共に家も成長させる

 子供も大人も皆が時間と共に成長しますよね。家もそれに合わせて成長させるべきです。今こうだからこうしなくてはいけないということではなく、いつまでも家族に合わせられる家づくりが大切です。

Do-Maのポイント (4)コンパクト+シンプル

敷地にとらわれない家

 横幅が狭い敷地や3階建てに囲まれた敷地でも、Do-Maには関係ありません。家の中心から光を落とすのでどんな敷地でも、明るく気持ちのいい家づくりを提案できます。

Do-Maのポイント (1)境界までの空間を有効に

コンパクト+シンプル+少しの遊び心

 空間の上手な使い方を提案します。例えば、吹き抜けに空中渡り廊下は遊び心満載ですが、これには大事な役割があります。1 階と 2 階の境界を無くし家族を近くに感じる架け橋となります。

建築家

建築家

岸本 貴信

 

CONTAINER DESIGN代表 http://cd-aa.com

1974 年兵庫県生まれ。
NATURE SPACEとともにDo-Maのデザイン基礎を構築し監修する。